2017 新年

2017年「あけましておめでとうございます」。
毎年恒例、1月1日に予約反映する記事である(例年記事のリンク→2014, 15, 16)。
月日の流れが甚だ早く感じられ、1秒1秒が惜しいというのに1秒1分の物思いを止められない昨今である。
2016年中は、当時の記事に綴ったが如き「道心を堅固に」の精神でいられたか?
私は、高邁な自尊を仏の振る舞いから学び取っているため、例えばアクセス数の減少や、もはや名声を得られない状態があり得ようとも、なんら活動をやめる理由にはならないので、そういったスタンスで今後も活動が続くことを付記する。

さて、私は横野真史名義の活動において「暇だから」といった意識に因って行ったことはなく、事後に「現実逃避」などと邪念を起こすこともなかった。
世間の人がインターネットで活動する際、そのように不純な動機を意識したり、その結果に対する自己評価をしている様子を見かけるが、私は決してその動機を意識せず、背徳的な自己評価をしなかった。
なぜならば、私の活動とは、一つの何らかの意志に随い、その時に応じて種々にされてきたものであり、どうあっても「道」として歩んだ軌跡である。
道草を食っているのではなく、「道そのもの」として歩まれた足跡である。
インターネットの多くの人々を見るに、そういった低劣な自虐(愚癡の心)を発するところ、いみじくも言動が一致した彼らの不純な活動があるとみてよい。

『平成29年(皇紀2677年)の新春を寿ぎ奉る』の続きを読む