横野真史 フィーチャーフォン ガラケー
https://www.youtube.com/watch?v=yYFuS45mv90

「2019年9月29日 携帯電話 P-03B の画面に光が入らなくなる故障」という題名で、動画を2019年9月30日に投稿した。
携帯電話本機の来歴:2010年7月17日に私が「ご契約者氏名」・父が「ご請求書氏名」であるような契約 (docomo) で購入して以来の所持。2011年4月18日から母親の家に移住して、私は父親と連絡を取らないでいるまま現状に至る。
動画中でのケータイ操作例:故障の概況の伝わる方法であり、説明文には0:00, 0:10, 0:57, 1:43などの再生時間を指示して説明される。

以下にこの故障の当日=2019年9月29日日記メモから記録を引用する。

8時30分に1階リビングを歩いている際、手に持っている携帯電話を高さ1mほどからフローリングの床に落とした。画面に光が入らなくなったが、他の機能は動作する状態になった。要するに、携帯電話が故障した。光の入らない画面や画面を見ない状態で、どのように他の機能が動作するかを私が確認するかというと、この携帯電話P-03Bで待ち受け画面もしくはタスクメニューの状態から総合のメニュー画面を表示し、[決定キー] [数字キー 5] [数字キー 1] [数字キー 任意] を押すことで由iモード保存着信メロディを再生する手段である。簡易には背面上部にある「着信/充電ランプ」の点灯を見る手段である。携帯電話を固い地面に落とすことは稀にあることだが、それで故障することは無かった。今の携帯電話P-03Bの故障は2011年2月以来4度目となるが、4度とも画面の故障である。今時、自分でドコモショップを介して修理に出すことは妥当か、そもそもドコモがサポートしているか、楽観的に考えづらい。インターネットで調べると、NTTドコモ NTT docomo公式サイトの一ページ「修理受付対応状況 | お客様サポート | NTTドコモ」からP-03B (SMARTシリーズ Panasonic製の一覧) の情報を表示させると「修理対応終了」と書かれていた。

『私のフィーチャーフォン・ガラケー利用の概況とケータイ版運用』の続きを読む