記事案内

更新履歴・統計の通知。ここは随時更新しています。よく目を通すように
http://masashi.doorblog.jp/archives/22474432.html



☆現在進行中の事業 (2014年時点)

この時間を無駄にしてはならない。
ということで、音楽制作・動画制作・絵の練習・ブログ活動などを展開中です。
みんながどれか一つはしてそうなことを私は全てやっています。

協力者のような人を求める思いも、今までにありましたが、基本的には交流・干渉が無い姿勢でやり過ごそうと考えます。
絵・音楽などのコンテンツにつきまして、二次創作のような方面はご自由にお願いします(誰もいないか、いても悪戯を意図してやる人しかいない・悪意のある二次利用は良心によって自制せられたし)。
私が喜ぶべきこととは、私と同じ精神により、快適に活動をなさって広く顕示する「自行化他」です。


利用中のサービス・SNSなど (2015年時点)

基本的に新しく始めたらそれとなく仄めかすか、最新記事末尾に告知します。
2015年4月現在は本家ブログ音楽ブログメモ帳YouTube本家YouTube日記YouTube音楽SoundCloud・YouTubeチャンネル付随のGoogle+二種など。
ここで特に告知しない「半・自名義」をもって外部の活動もしていますが、公式な横野真史とセットで見てもらう必要はないため、隠すつもりではありませんが敢えて告知しない方針でいます。

Twitterは、当ブログを開設した2012年9月より利用しない方針でいます。
当初は日記・細かい告知などの投稿コンテンツをLivedoorブログで一本化するつもりで、別サービスに手を伸ばしすぎない自制心から決まったことでした。
2014年にもなれば活動本分のYouTubeが、Google+との連携をいよいよ堅固なものとしたので、事ここに至ってはGoogle+はじめBloggerなどGoogle傘下のサービスを本格的に取り入れ始めました。
Google+ではメモ帳記事自動告知のコメント欄に、ツイート感覚で軽いメモ(数百~二千文字)を残しています。

今もしTwitterを始めてしまうと、活動が煩雑になるので、この際、今後も引き続き利用しないことを断言します。
2013年9月から絵の練習を始めましたが、Pixiv等のイラスト投稿サイトで公式に投稿する予定はありません。

→2019年4月1日をもってGoogle+のサービスが終了しました(関連情報 https://lesbophilia.blogspot.com/p/google.html)が、上記方針に変更は有りません



お知らせ「当方の活動は非営利です」 (2015年時点)

YouTubeなど当方の活動全域において収益化を行っていません。
クラウドファンディング、カンパ、クリエイター支援サイト有料コンテンツなどもありません。
「Amazon ほしい物リスト」なども公表していません。
有償の「お仕事募集」などもしていません。

なお、当ブログにおいて自身で広告はつけていませんが、Google Adsenseの広告が自動で表示されます。
それはサイトオーナーであるLivedoorがデフォルトで全ブログに付けている為です。
そのGoogle Adsenseをクリックしても、私に収益は入りません。
※2015年5月以降、PC版の広告が消えました。
http://blog.livedoor.jp/staff/archives/51882557.html



ブログのデザイン性・・・いわゆるウェブアクセシビリティ(利便性・視認性など)という方面については、当ブログ開設の2012年9月以前から個人的な考察を深めており、文字フォント・文字サイズや文字色・背景色など色彩といった概観から、細部までこだわりが盛り込まれ、随時変更もされています。
黒地に白文字では見づらい上、明るい画面から黒地の画面に移ると利用者の目に悪いわけです。
当ブログについてページの最も後ろの背景は黒地であり、私のこだわりを残していますが、主要コンテンツ部分(container領域)は白地にして黒文字にすることで問題性を緩和しています。
文字フォントは2011年以降のPC利用で気に入った「メイリオ」を標準で採用しています。
無論、シンプリフィケーション(単純化)・ノーマライゼーション(一般化)・画一化の一辺倒で没個性化してはよくありませんので、個人的なこだわりを凝らしてあります。
これほど理念が生きたブログデザインを若く15歳で実現できますか?
14歳・アフィブログ運営時代の観察行為に依りますが、13歳の携帯電話利用時もすでにフルブラウザ等の機能の駆使で多く学び取っていました。
先述の「こだわり」を横に置いた2カラム・全体白地デザインのブログも私のうちにありますので比較してみてください。
http://deathmetal.blog.jp/



☆ブログ主に関する基本情報

1997年1月に埼玉県浦和市で生まれた。
あくまで「さいたま市」ではないという。
誕生日祝いは、月単位(誕生月)でどうぞ。

現在は愛知県豊橋市に住んでいるが、2011年4月18日の小旅行=半家出に起因する。
「数日くらいで帰ってくる」と部屋のドアに貼り紙をしたが、これを無視してメールを送ってきたため、恐れをなして当面の間は帰宅を辞すと決めた2日目の夜。
西暦2012年4月、平成24年度から中学卒業後に高校へ進学せず無職ニートとなる。
なお、上の弟は2012年8月に豊橋の家を追い出されてからは、父親の○川市の家に住み始めている。
私にとっては、未だほとぼりの冷めぬような恐怖が残り続けているため、元の埼玉県内はおろか、家出以降は豊橋の外に出たことすらない

かつて住んできた場所は浦和市、与野市、(区制後の)さいたま市中央区、浦和区、上尾市、○川市、豊橋市。
余談だが、二人の弟は兵庫県姫路市に住んだ時期もある(2008年末姫路遠征から遅くとも2009年4月まで)。
上記全ては生まれてよりたったの十数年で行われたことである。
大人であれば、移住などよくあるかも知れぬが、自分は子供の頃に親の都合(むろん子の要望に起因する事例も含むが子の要望を聞き容れて実現する者は親である)でこのように沢山転居してきたのだ。
いかに自分が住居を転々としてきたか、諸君にも十二分に伝わったはずだ。
もしかしたら今後は名古屋市に引越す可能性もあるのだ(2014年現在)。またか。
ついでに、両親の出身が鴨川市・土浦市とチバラキ(チバラギ)である。

両親に関する詳細は以下の記事などに記さる。
http://lesbophilia.blogspot.com/2015/09/ruiju2.html
http://lesbophilia.blogspot.com/2015/09/ruiju3.html
http://lesbophilia.blogspot.com/2015/04/blog-post_31.html


1歳術後ハゲの他に、小3で人生初の自殺未遂(その後も度々未遂)、小5(4月)で母親が別居(紋別移住)・離婚など普通の人ではありえない不幸が重なった。
中1の時は小学生にもいじめられたりと、色々気分が悪くて近所の犬を蹴ったりエアガン責めしたり、俺の顔を見て怯えるまでに調教して楽しんでいた。
俺の優しいところに漬け込む他人に苦しまされ、こういう人間性が養われた?
クソガキ共に虐げられ、犬を虐待するような人間性へと豹変したのか。
虐待前のその犬は、無害の私を見るたびに吠えていて、その鳴き声は悪魔の誘いのようだったから、無害無辜の私を加害者にさせた。
加害者となりし私もまた、他者の目を恐れて行うもので、心が泣く。負の連鎖だね。悲劇。
私以外にも似たような道を辿った特殊な者もいるだろうが、少なくとも私の身近でそれに当たる者がいないのである・・・。

当時の学校生活についての細かい情報は下記に記さる。参照を乞う。
http://masashi.doorblog.jp/archives/21659985.html
http://masashi.doorblog.jp/archives/21658313.html

http://masashi.doorblog.jp/archives/41409921.html

生まれつきか否か、1歳の時に腫瘍切除箇所がハゲ
不登校歴は何回もある。転校経験は小中あわせ3回。
最初は幼稚園の年中6月頃から、卒園できたかも不明な間が不登校(不登園、不通園)。
これは自分が生まれつきおかしかったから、意味もなく幼稚園に通おうとしなかったためであり、他人とのトラブルに起因するものではなかった。
このとき既に浦和市→与野市→上尾市→さいたま市(3市合併に伴い。この時はまだ区がない)→さいたま市中央区(政令市移行の区制施行に伴い)と住んできた。

次の不登校が小1の3学期に約1ヶ月、これも上(生まれつきの精神異常)に一緒で、この時に浦和区に引越し、浦和区の学校へ。
次は小2の2学期に約1~2ヶ月、これも上の理由に一緒だが、小2期の不登校は回数も期間も不詳であり、まして託児所みたいな場所(ほとんどが幼児で、私のほか上の弟や小1不登校児も一人いた)に通った記憶もある。
次は小3の1学期、これは学校で教師間とのトラブルがあり、通学が精神的に困難(これを口実としてサボりたかった可能性もあり)になったため。
小3の1学期から小4の2学期にかけて1年以上不登校が続き、浦和区から○川市へ。
小4の2学期から○川市の学校でやり直しを図ったが、小5の4月母別居までに友好関係を築けた人とも交流は疎らとなり、いじめに遭ったり、話してもいない児童生徒に嫌われたり、人間関係の問題を誰にも相談できないなどのさまざまな事情で中2の3学期に不登校となった。
中3の1学期、愛知県豊橋市へ移住し、籍を移した後も、当地の学校には一度も通わず、教師も顔を見せぬまま卒業証書のみは母が黙って保管していたものを入手した。
引越し多しといえども初の県外生活が始まったと同時に、一度も豊橋市の外へ出なくなった。豊橋こもり状態

持病はおそらくない。
小3の頃の小児科あたりで「左軸偏位」を言い渡されたことが気がかりだ。

持病や慢性的不調や健康状態に関しても、過去記事に多く記さる。
総論のような記事やを以下に列挙するため、参照せられたし。
http://masashi.doorblog.jp/archives/41040262.html
幼少期の回想→http://lesbophilia.blogspot.com/2015/03/blog-post_24.html
便秘・下痢・下血・下剤系の一例→http://lesbophilia.blogspot.com/2015/04/blog-post_21.html

このような道を辿ってきた以上、軽い精神障害などはあるかもしれない。
医師の診察などは無いが、中1・2のときからの憶測では以下の病名が挙がる。
・統合失調症 ・アスペルガー症候群 ・精神分裂病 ・躁鬱病
実際はどうだろう。2015年には精神病理・心理学の空想性について綴った。

生まれつきの自閉症や、その他の発達障害も疑っている。
三男(下の弟)が知的障害だし。

ちなみにアレルギーは、昔「アトピー性皮膚炎」の診断をされた。

ニート歴2年


今更ながら、この横野真史という名は、「横田真一」や「横溝正史」と被っている。
命名由来はどちらでもないという・・・
上の二人は、横野真史の名が出来た後に知った名前。
横山真史」という人もいるんだね、びっくり・・・

本名にある「雅」の字を取った「雅夜」に改名した方がいいのかな・・・
これって湯桶読みだよね、言語厨なのに恥ずかしい><
言語と別に某方厨の性質入っちゃっているから、どうしてもね・・・

横野真史の名自体が本名をいじったものであり、そのいじり方を書くと逆から特定されるので書かないが、2015年の知識で名の意味を示そう。

「横(よこしま)の野にも真の史あり」

と訓読調に読ませつつ、より詳細に言えば「濁世にも必ず真理が備わっている」といったところで、それを解き明かすための研鑽がいつしか始まった。
その全容は、当ブログと学術的メモ帳などに・・・