赤い瞳
http://www.youtube.com/watch?v=9Lb4m6o6dPc


紅く染まりし満月の刻、私の瞳も今宵紅く染まる・・・

私が去年12月に基本を完成させ、今年8月に編曲した曲を今更ながら投稿。
ジャンルはテクノやトランスあたりを想定して作った。
普段メタルばかりだしね。気分転換だよね。俺はメタルだけじゃないぞと。
再生時間=約2分半。音ゲー的な曲は2分前後が多いので2分半に近いと長いよね。
まあ俺は音ゲーは全然やらないけど、音楽性の影響は受けちゃう。
ニコニコ中毒者の10代っぽくて、キツい。
BPMは150。

詳細記事(12:34時点で未だ誰も見てない。リンク載せたんだからクリックしろ。このブログの読者層なんてこんなもんか。)→http://deathmetal.blog.jp/arc/34687716.html




曲のイメージ
・・・けたたましく鳴り続ける蝉の声が突如止んだ夏の満月の夜、外に出てみると月は真っ赤に色づいていた。
月から目を離せずにいた私の瞳は、次第に紅き月の如く豹変していく・・・
何かに焦る私は、自然にどこかへ走り始めた・・・

影響されすぎ。
あらすじ見ると、もうこれはゲーム化決定とも言えるほど。あるいは小説だね。
これは、俺の美少女イラスト描くときこんな雰囲気のイラストにするといいね。
目が赤いのとか、ネタとしては最高だし。


ここからはかなり専門的にこの曲の音楽性を語る。
まず、シンセ音はかなりテクノ的。ドラムもローランドのTRっぽいテクノ音源を採用。
エレキギターがうっすらと鳴っているけど、バックでコードを簡単に鳴らしただけだね。
まあこの手の曲にはメタルしすぎないほどに鳴らすのがちょうどいいけど。
静かなイントロ、間奏のピアノなど展開がしっかりしてるところもいい。
エンディングの曲は試作のテクノ。ドラムとリードしか楽器ないね。



私は引きこもりつつ音楽制作を続けているから、投稿せずに溜めている・ストックしている曲はあと30曲ほどあるよ。
メタル系がそのうちの1/3から半分を占めていると思うね。
インストばかりで一つも声を入れていない現状がある。
歌詞をつける自信が俺には無さすぎる。言語能力が高いのにな。なぜだろうな。



以下、無関係なメモ。
投稿動画の台詞全文抜粋した後に推敲したものを掲載。
文章の詳細が気になるなら、動画のリンクをクリックしてね。


おい!俺をモデルに美少女イラストを描け!
http://www.youtube.com/watch?v=XHWApD-HY8I

お前らが俺の絵を描かないのは、男性がモデルの絵はウケないからなのかもしれないが、俺は他の男性配信者と違って容姿が女性的だ。
即ちそれを利用して俺を美少女に描いて、Pixiv投稿後にタイトルを「前髪が長すぎる子」や「引きこもって髪が伸びちゃった(はあと)」にして「男の娘」タグなどをロックすれば検索にかかって閲覧数向上でウケるし、俺がモデルの絵を描くことと絵師としての人気を上げること、二つの目的を一度に達成できるチャンスだし、書く価値はあるに違いないぞ。
可愛くかければ描いた君の人気アップはもちろん、俺の人気もアップする。
いいことづくしだからやって損なし。

実際に俺が絵を描いてやった!
ここまで自分でできる男って他にいるか?
俺は沢山の写真を載せてるし、横野真史画像集とかにモデルとなる写真はいっぱいあるから、もし絵を描きたいならばそれを資料にしてもいい。
俺と見た目が似てるキャラクターである「小森霧」や「武者小路祝」を参考にするのもいいね、前髪まで髪が長いキャラクターは未だ希薄で希少だし。

推奨タグロック→男の娘、引きこもり、ニート、横野真史
横野真史タグ付けなきゃモデルがわからないので必ず、ね。

 


いじめに対する建設的な抵抗の提案
http://www.youtube.com/watch?v=R5QExY5gVs0

※ある人物の提言を、個人的な改変で投稿しました※
※原文は私の考案ではないので、編纂の役割しかしていません※
※なので、文章に見覚えがあったとしても、パクリではないです※
※横野真史による独自改変であることを承知の上ご覧ください※
※原文は世間で周知された語句のみの構成であり、そこに天才の私が学術的な用語を多々加えたことに因り、難解な文言へと昇華されました※
※ぶんげんをもんごんと読むことは、変則的な行為を美徳とする、マイノリティの賛美である厨二病的シンキングに他ならぬのだ、冒頭の注釈なのに白熱したので軌道を戻します※

私は、友達がいない状況下でいじめられて、通学する希望を失い不登校になり、現在は学籍と職歴の無い16歳の男です。
今回は、通学は辛うじて行えているが、現在進行形でいじめの被害に遭われている方や、その末に不登校になられている方々に対し、私からの提案があります。

始めに不登校といえど、状況は多種多様です。
議題の対象となる不登校児の定義は、義務教育制度が発達しており、住民票がある学齢期の子女であれば、自動的に小中学校などの学籍を得られ、就学できる社会、要約するとそこに住んでいて子供なら誰でも平等に教育を受けられることが当たり前の社会に於いて、教育を受け学習活動をする意思があるが、身体に学校生活に支障を来たす器質的疾患及び機能的疾患がなく、経済的に困窮していて著しく就学が困難でないにも関わらず、本人の自由意志、若しくは、通学し健全な学校生活を送るのが困難な状況で登校するのを拒否し、長期的に欠席している不登校児です。
定義はこれ以上述べずとも大概の方は予想がつくと思われるので本題に移ります。

いじめというのは、相手の肉体的・心理的苦しみを快楽とすることを目的とする様々な行為であり、特定の時間的・空間的に拘束された、閉鎖的な環境下で、共同生活や共同作業を強いられた集団の中で、いじめっ子といじめられっ子という2種類の人物が現れると発生します。
いじめっ子だけ、若しくは、いじめられっ子だけといった、その内の片方だけしか存在しない場合はいじめは発生しません。

いじめっ子は主に、ストレス発散、自分の力の確認や誇示、その集団内に於ける地位の確保、楽しさや快楽を得るため、気に入らない存在を排除する等の、目的を達成するための手段としていじめを行います。
いじめられる側は、無能だからいじめられるのではなく、相手に「こいつ、気に入らない」と思われたり、「こいつをいじめても反撃されない」と思われた場合にいじめられます。
前者の理由でいじめる子は、特定の人物に危害を与えるという目的を達成するための手段として、後者の理由でいじめる子は、いじめそのものが目的である場合が多いです。
いじめられやすい子は、両親が離婚している子、帰宅して親がいない子などが多いです。
いじめられた子は、時には性格が悪い方向に変化し、一般的にはしないような奇怪な行動を繰り返すようになったり、将来犯罪に手を染めるケースもあります。
いじめを受けることで、健全な学習活動や学校生活を妨害され、基礎学力が身についてない場合が多いです。
学習環境でいじめという大きなハンデを背負っていたから、一般的な人たちに比べ、社会で生きていくために必要な読み書き計算などの能力が欠如していたりします。

いじめられてはいつまでも世間では劣った人間扱いなので、ここら辺でいじめに対する抵抗について話しましょう。
アクティブな方法でいじめを打開するには、発覚を恐れず、逮捕を覚悟の上でいじめっ子に対して反撃しなくてはいけません。
いじめられたという理由のみで自殺を実行するのは愚かです。
死んでは何もできないし、自ら命を絶つということは、人生に敗北したという恥辱を晒すことにしかなりません。

反撃できない?あなたはいじめられて、人生を滅茶苦茶にされて、もう何も失うものは残ってないのですよ?
縮まるだけの状態が続くようでは、私のようにニートや引きこもりに成り果てるか、自殺をするだけです。
それに、あなたをいじめた人たちは、反省せずにこれからものうのうと暮らすでしょう。
どうせ自殺をするか引きこもって人生を終わらせるくらいなら、いじめられた自分だけが泣きを見なくても、相手を道連れにしてみたらどうでしょうか。

それで、何も素手で立ち向かう必要はありません。
そんなことをしても返り討ちに遭うのがオチです。
人間は道具が使えます、だから道具を使用して襲撃すればいいのです。

日本は、銃刀法で銃や刀剣の所持が制限されていますが、そのような中でも身近に武器になるようなものは沢山あります。
相手も銃や刀剣を持てないのですから、むしろ好都合でしょう。
ただ、元々いじめられているような人間の身体能力は期待できないので、ナイフや鈍器などを器用に扱えず返り討ちに遭ってしまうでしょう。
ナイフや鈍器はサブの手段とし、メインの方法で目的を達成できない場合に使用するのがより良いでしょう。

メインとして適した方法は、爆弾か化学兵器を使用した手段です。
爆弾や化学兵器なら、材料は市販のもので容易に入手でき、バカでなければ、簡単に作成することが可能です。
ここでは、爆弾や化学兵器の作り方の説明は控えます。
興味のある方はご自分でお調べになられてください。

「そんなの作れないよ~」という方は、自らにインフルエンザなどの疫病を空気感染をし、且つ、感染能力や殺傷能力の高い細菌やウイルスに感染し、その状態でいじめっ子に接近すればいいのです。
上手くいけば相手が感染し、発病するかもしれません。
細菌やウイルスが勝手にやってくれるので、自分の手を汚すこともないし、それほど難しくもありません。
但し、自身の死亡や重症などのリスクも高いでしょうが。

あ~、こんなことを話すと、まるで私が犯罪行為を推奨しているようですね。
これは、一つの選択肢を話しただけに過ぎませんし、誰かがこの動画に触発されて現実世界で事件を起こしたとしても、私は犯罪行為に共謀したことにならないですし、直接教唆を行ったことにもならないので、一切の責任も帰属しません。

それらを踏まえ、行動に移す度胸のある方は、お試しください。
以上で動画は終わりです。ご視聴ありがとうございました。