引きこもり

他人という下賤たる者共は、来る日も来る日も我輩を冷遇してきた。
その点で誰しも何ら違いのないゴミなのである。
そして風貌も、所詮他人なぞ我輩よりも前髪が短いが、他人こそ千差万別であれど、この点に於いてもみな一致しているために、同一視しかできぬのだ。
低俗で下衆な争いをする全ての凡人が「どんぐりの背比べ」にしか見えぬ。
この見識はやや偏倚しているようにも思うが、否、これは正当であろう。

我輩に対し口説く者共は、悪魔の囁きと看做される。
それは、先述の如く「他人みな同じ」と云った見解に伴い生じる思考回路だ。
即ち、あるときから他人は我輩を陥れるために仕向けられたロボットであり、どいつもこいつもその目的を達成するための行動をしていると参照できるから。
これについてはスケールが大きいため、「統合失調症、精神分裂病、異常思考、誇大妄想」と処理されてしまうに違いない。


でまあ、こういう話はここまでにしておくけども。。。
俺より前髪が長くて、それでいて浮浪者のようなもじゃもじゃロン毛でもない男って存在するのかと考えてみたが、未だそういう写真に出会えていないから存在しないと見ていいね。
証拠ないし、証明し得てるのは世界で俺のみか。
まあ女ですら今や茶髪に短髪が多いし、対象を女性に切り替えてもそういないと思う。

ああ、すると俺様は唯一無二であり、極めて異端だと思うわけだ。
今から俺を抜かそうと世界のどこかで誰かさんが伸ばし始めても、今の俺ほど伸びる頃には、切らねば俺の髪はおそろしい長さに化けているに違いない。
髪の長い女の子かわいいよね、って思うのに最近のスイーツ女は俺の夢を叶えない。
まあ長かろうが結局、俺なんて一生女にありつけないだろうけども。 

自分の書いた文章を見返すと、矜恃しすぎな側面が強いよね。
私の才能って、不運故に他人に理解してもらえなかったり、或いは他人の私への先入観からどうも素直に才能を理解しようとしない傾向にあるから、私が強く張らねば気づかないかも。
書いたことを曲解して私が間違えてるとか言い出すバカがいつも沸くけど、もっと熟読玩味してよ、解せぬ際には言論を控えるのが日本人の趣ね、でしゃばる無知は恥をかく・・・

その一例ね、彼は晒された後に屈辱故に当ブログへアクセスしなくなった。
http://masashi.doorblog.jp/archives/33086892.html

私にばかりいつも狂人が口出しするって、何よ・・・
まともに喋る相手もいないの、証拠を挙げても通用しないことも稀にあるんだ。
見てる君にも自覚があるんじゃないかな。

害人の蔓延りし俗世よ、救いの光で理想郷を築きあげねば・・・
イケメン引きこもりに平伏すがよい!衆愚なる陋劣な俗人共め!
私を愚弄せしめたことを悔恨し、罪を贖う -Redemption- の意思を示さぬのであれば、私は諸君等を鏖 -Massacre- する!