たまにはお外に


Q. 今日は天気がよくて気持ちいいですね~。
ところでお嬢様、たまにはお外に出られてみるのもいかがでしょうか?


A1. それもいいわね。そうしようかしら。
A2. せっかくの提案だけど、遠慮しておくわ。
A3. 余計なお世話よ。邪魔をしないでくれるかしら。

- ある春の朝 -
メイド「今日もいい天気ね・・・」フフッ

- 2時間後 -
メイド「あっ、お嬢様。おはようございます。」
お嬢様「・・・」

- 昼 -
メイド「今日も天気がよくて心地よい日ですね~。ところでお嬢様、こんな日は外に出てみるのも良いと思います。いかがでしょうか?」
お嬢様(怒りの表情に変貌)
お嬢様「どうでもいいわよ、そんなこと。邪魔しないでくれる?バカにしてるのかしら!」
メイド「え・・・そんなっ・・・・・・」


っていうやり取りをしてみたいです。。。

そういえば、「どうでもいいわよ、そんなこと。邪魔しないでくれる?バカにしてるのかしら!」と、3連発だけど、返答を簡略化する際には、この内のどれでも様になるんだよね。
まあ、足りない感は残るのだけれども。。。

そして、小学生の頃このような女性的口調をバカにしていて、「現実の女がこんな喋り方しないだろwww」と思っていたけど、今は魅力的な感じだね。
創作の世界では尊重されてもいい喋りだね、まあ現実で言うには抵抗があるけど。
女の子にこんな風に喋ってもらってもいいよね。。。


関連記事
・あら、あなたが外に出るなんて珍しいじゃない。3ヶ月くらい?
http://masashi.doorblog.jp/archives/24867366.html