作曲

今月に入り、YouTubeに4曲投稿(わざわざリンク載せてやってるのに、このブログ読者はいつも見てくれない)。
また、某サイトには10曲ほど投稿した(それはここに載せない)。
今月残すところ一週間、まだ投稿するだろう(記事投稿直後にもう1本動画投稿した)。

斯くの如く作曲を精力的に続けている反面、異常にやる気を失うこともあるわけだが、これからも出来る限り毎日の作曲を怠らずに継続していきたい。
こんなに頑張る私だが、どうでもいい時に俺の活動とは無関係だがネット上の萎えさせる文言が目に入るため、凄くイライラしたりすることもあり、あっさり手放すかもしれないが、今のところそんな簡単に屈したりはしない。

この活動をやめたら俺に残された策は最早ないだろうからね。
まあ、活動を続けたからといって、勝算がある保障はないのだが。

各サイト未投稿ながら、制作中の楽曲が複数ある
それらはこの一週間以内に制作開始した曲なので、早ければ今月末、遅くても来月中に完成予定。

もちろん完成すれば全て横野真史の活動範囲にて公開する、とは限らない。
伏せている某サイト(隠すつもりはないよ)でのみ公開か、お蔵入りのどちらか。

ちなみにこんな俺だから当然だけど、某サイトでも他人との交流はないよ。
むしろ相手からも避けられてるっぽいしね。
どうせどこにいても他人とまともに関わられることはないよ。
リアル学生時代からネット上でもね。


毎日真面目に頑張ってるけど、先述の通り勝算がある保障はないから、続けたところでいつもの不憫なパターンで玉砕するだけだろうけどね。まだ17歳だし平気だょ!
某サイトの人々は2004~2006年、早い人はこの時からネット上に携帯での作曲データをアップロードしていたようだが、斯く言う私も2003年ネットにうpはしないが、小1の時に携帯電話「SH252i」で変な作曲はしていた。
2003年頃の端末には作曲機能があったが、このあたりから作曲機能は淘汰されていったのか、別の理由か2004年に民間人によって作曲iアプリが誕生したんだな。
そのアプリユーザーたちは当時10代後半の人が多かったようだ。

それから10年経つ今の俺が10代後半。
お察しの通り、俺が自分の常識をも超す努力をすれば何とかなるかもしれない。

と言いたいところだがそのアプリユーザー(後継アプリ含む)の人々の一部は、現在もTwitter等で健在だが、その中で作曲家や音楽家として成功した者はいない。
やはり趣味の範疇に終始してしまっている。
現在では作曲さえ辞退した者も多くいることを確認している。

今の俺だって無収益で作曲を続けているし、金をとれるクオリティには遠い。
フリーソフトやフリー音源なのでライセンスの問題もあるからこそ、上の環境を手にしたい。
絵も音楽も環境のせいだ!良くも悪くも環境というものに創作生命は依存する
それでも俺は、練習期間だからフリーのもので我慢している(作曲アプリは有料だが)。

これからも作曲の練習・勉強はこの環境で続けていく。
しかし、もし今よりずっと自信がついたら、いずれは貯金を崩してソフト購入が必要になる。
もちろん良いソフトを使っていても趣味で終わらせている人もいる。
ああ、それは宝の持ち腐れだよ。俺こそが手にするべきだ。

後は、俺が作るジャンルは本物のギターで鳴らすことも重要になる。
ギターと機材等の購入という壁を突破しても、今の俺の能力で補えないのは演奏技術。
これもまたかなりの練習が必要になる。
楽器演奏なら俺より小学生の方が上手いだろうと思っているくらい。
だから協力者を募って頼んだ方が効率的だね。

そっちの某サイトの某者も元々楽器は弾けない人で、ニコニコで作曲活動する際にギター演奏はネットで別の人を探して頼んだらしい(残りの楽器は打ち込み)。
その人はちょうど一年前に彼女が出来たという報告依頼、ネットさえ見ていない屍だけど。
当然作曲なんてどうでもよくなったろ、所詮音楽なんかより女だよ。
女獲得という本能的人生デスティネーションに至り、慢心して追求と鍛錬を怠りし者よ。

私も全て一人で抱え込むという曲芸は困難だから、音楽的に有能な協力者を乞う必要があるが、私が誰かに頼むというのは苦手・至難の業だってわかるでしょ。
このブログ読者にそんな有能な人もいないだろう。いても頼まないけどね。
それと、ギターと一口に言っても、ギターの型から所持してるアンプにエフェクターなどジャンルによって求められるものが異なる。
ギタリストとて必ず私の作曲ジャンル・メタル系が出来るわけじゃないだろうからね。
だから探すのは難しい。


とりあえず自信がつくか諦めるまで練習を続けて答えを出そう。
今は無心で、無我夢中に作曲を続けることだ。