ネイティブニート
記事動画→http://www.youtube.com/watch?v=kIo90MwT3Aw

「ネイティブニート」の定義(the definition of Native NEET)とは、端的に言えば、不登校のまま義務教育を終えてニートになる状態(例えば私は中学途中から卒業まで不登校状態が続いてそのままニート)である(ネガティブと混同しないでね)。
即ち、高校中退以上の学歴は含まないし、バイト等の職歴がないことも大前提なのだ。
そしてこの定義を踏襲した呼称は未だ誰も宣言していないという惨状に甚だ呆れる。

これを提唱する起因としては、私自身が世間で言われる他のニートと違うといった選民意識からで、的確な呼称がどうにも既存のものにないため、である。
17歳である今の私は、世間一般に流布されたニートのステレオタイプと大きく異なり、若さや確かな見識・諦観とそれなりの美貌、即ち才色兼備であることがその思想を誘発する。

ただし、今のままの「ネイティブニート」の基準では、ゲーム中毒で世間知らずの上の弟も当て嵌まってしまう。
ということで一概に知能を決められないので、私タイプと上の弟タイプの二極化だとしよう。

そして、昨今深刻視されているはずの失業率(についてはネイティブニートと無関係)や無職の人口などが論じられてる(もし「そうでもない」と言うなら、論じられない社会はより異常だ)にも拘らず、こっちの深層などの細部には、世間は盲目なため、私のようなその境遇におかれている良識派が切り込まねばならない。
亡国の予兆が如実に出てるこの国だが、未だに誰もが理解できていない・・・
不登校児、ニート、引きこもりの心理研究がもっと進んでもいいご時勢なのに。
以前にも引きこもりに関する学問について提唱した→http://lesbophilia.blogspot.jp/2014/07/blog-post_12.html

結局、世の人間は、やれ騒ぐだけだったり、表面的な議論に終始したりで、もっと高尚な深遠な方向へと転換させるべきだが、不可能なんだよね。
それが出来る世間なら、不幸な命が今こんなにも増えるはずはないだろうし。
17歳の俺や、俺に類する「若き勇士・良識派ネイティブニート」が研鑽を進めて専門家顔負けの高度論文を出せばいいのだ。
インターネットネイティブの世代、90年代後半以降に生まれた純粋ゆとり世代は、娯楽や将来の夢の多様化と同時に、厭世的かつ現実的で金に貪欲な思考も強い、ジレンマの渦中にあるけど、その故に新人類として突然変異する私などがいてよいはずである。

そうと雖も、この記事を見てる人間に「良識派ネイティブニート」にあたる逸材がいるかという点に加え、縦しんば見てるとして彼らがこの啓発活動に与するものなのだろうか?
私のように相当の知力と相応の逆境に遭ったことに伴う反骨精神が必要だ。
私との集団性は持たない単独の活動いいので、とは思うけど誰もやらんね。
私を知らず偶発的に現れる、ということもなさそう。


今日びのネットにおかれては、ニート界隈は逆に衰退の兆しも見せているし、ネットでニートの文字が書いてあれば前後の文章は押しなべてネガティブなものしかない。
これなら2010年までのニート賛美な時代(主にニコニコ等)が遥かにマシだった。
一般人というのは偏っていて、この時は好奇の目でそういった知られざる層に興味を持ったに過ぎず、今は逆に軽蔑しているといった心理現象なのだろう、儚いね。
※ホモを弄ぶ最近の風潮がそれで、実際に同性愛者を見たら「引くわー」とかと思い、抵抗があるのだろう。

亡国に傾くほど、社会的弱者などを見下して歪んだ優越感を持つ輩が蔓延るのであるが、これぞ正に"Pride goes before a fall(悪い優越感が先走るのは凋落寸前である)"の理である。恥ずべし恐るべし!
まして、政治家などが「ニートや引きこもりに未来はない」とバッサリ捨てて度外視はおろか、非生産的な罵言をこぼしてしまうというのは以ての外であって、「君達のしごとが何たるか」を完全に忘失してることの発露であるが、自らそんな愚行を仕出かすことは即ち、「公人の立場を失念し感情に左右されたが故に言わざるべき本音を漏らした愚者」であることの自発で、信用の失墜を招くだけであろう!
まあ為すすべなく責務から逃避行した凋落寸前の政治家の失言を真に受けても意味ないね。政治の腐敗は止められない。


言論の機会が本来なら絶たれる立場でも、ネットというものある限り、すべからく我らはネットで啓発と諫言をすべきなのだ。
ということで、17歳良識派ネイティブニートの啓発と諫言でした。


そして社会展望。
静かなる現状と、変化の大きい未来は同一視ができない。
豊川市の一家殺傷事件(犯人は一応職歴があった)のような年齢になったネイティブニート層か似たような輩が再発にも似た凄惨な事件を各地で起こすかもね。
豊川市の事件について記した過去記事は2つある。
http://masashi.doorblog.jp/archives/21117750.html
http://masashi.doorblog.jp/archives/33267772.html

ああもう手遅れだよ。私らの層のことではなく、人を不幸な命に養ってゴミ扱いするこの社会がね。
半ば諦めているけど、それでもただひとり一国諫言に立ち上がる勇姿。

みんな裸んぼで生まれてきたように、命の普遍的価値(平等性"Equality")というものは賢い人が実感しているはずなのに、「ニートに発言権がなく、引きこもりはみな逼塞して不幸だ」とか、どうしてそんな価値判断をして人の自由を人が制約し、人の禍福を人が恣意的に認定できるのか?
「天(天の神さまに譬えて言うが実際はどう?)は人の上に人を作らず」って、近代国家の精神じゃないのか!
俗世間の人こそが俗世間の知識や真理に疎いようで、笑える。
それとも「ニート・引きこもりは穢多非人で、人権も何もない」などと、価値判断をするか?

そのナチス的に偏狭な価値観が現代日本人に定着している。
ネット上も、テレビなどのメディアもみんなこの、ネオナチもとい亜型ナチスである。
だから、一般のニート・引きこもり当事者が、自らニート・引きこもりをレッテル貼りして、「ニートの自分はダメな奴だ・引きこもりで(社会的に)もう立ち直れない」とかと絶望感の妄想に苛まれて悪循環が生じているだろう!
もちろん、その妄想が強い人のために職業訓練とかの道に知らせたいNPOだかは、甲斐甲斐しくその活動を行ってもよいが、就業以外にも道があることを私が改めて啓発すべき。
既成事実の肯定という原理、人間が人間として生まれて人間として生きるよう、ニートになった者はニートのまま喜べる道・輝ける人生がある(人生自体そもそも人の恣意的な価値判断がされるから誰も持ち得ない空想概念であって人生など誰にもないが故に恣意的な価値としては平等にある)。
この私の快活にして意気軒昂なる姿勢により、亜型ナチスの妄想が粉砕された!

まず17歳の俺には就労支援の類など不要!只管学問研鑽を支えてくれればよろしいと言いたい所だが、親は無知を極めてるし、無知だから子供2人を中卒ニートにしたんだよね。


しめとして・・・
こっち系を案じる凡人共の議論は表面的で愚かであり、罵る者も愚か、そして、ニートら当事者も自己分析が出来ない者が大概なので愚か。
愚者のたまり場と化したところに、一人立ち上がるのが俺なんだよ。



追記10月11日21時
今日の12時頃にこういう動画も投稿していて、こっちにも載せるから見てね。
http://www.youtube.com/watch?v=SOugX5E4AH4

耽美的音楽動画だよ。音楽の動画なら月数本投稿してるね。



追記: 2017年3月
「ニート・引きこもり不幸論(ニひ無人権論・ニひ畜生論)」は、二乗不作仏や一闡提不成仏にそっくりであり、日本における人権思想の不十分さを感じさせよう。
法華経・涅槃経(大乗)が一切衆生皆成仏道を示したよう、私がネイティブニートの道によって人権思想を盤石にせねばならない。
法華経・涅槃経という大乗仏教・実大乗は、現代の国連・EU・キリスト教団などの人権思想に先駆けて人類平等の救済を歌っていた。
救済対象とは、キリスト教・カトリックのローマ法王(フランシスコさんなど)も現代では「無宗教でも救われる」と曖昧ながらに意義だけは主張している。
大乗仏教は、その歯の浮くようなきれいごとと違って空観の法理と慈悲によって意味深長に説明する。 
空と慈悲→http://lesbophilia.blogspot.com/2016/08/brahmavihara.html