横野真史

今回の絵の練習記事・トップイラストは、前回の絵の練習記事におけるイラストの進化形で、描いた日は11月24日だが、11月30日にメモ帳記事にて先に載せた、
色々勉強の成果を詰め込んだ感じの一枚になったはず。
というのも、この絵では肌の色の塗り方などにも注力している。
反面、髪の陰影表現とかは特に進歩してないけどね。

前回からまた、色々なイラストを注意深く観察して学んだが、相変わらず講座のサイトやPixiv等の投稿の類いは苦手意識から見る気が起きない。
たまたま目に付いたイラストを眺めて理解する、という効率的とは言えない手法に留まり、小4で転校した学校以降に養われた弱腰の精神がここでも災いしている。

この絵は当記事投稿に先駆けて、学術的メモ帳11月末の記事にて先行公開した。
「先行公開」といっても、公開が主目的ではないこと、ご覧になればわかる。

以下、下書きと過去の版の比較画像を掲載。


書き直し

これが噂のイラスト比較だ。
10月21日に描いたメモ版をこのように進化させたのだ。
基本構図や髪型などで、両者が同じキャラであることは一目瞭然である。
この進化版描写の運びとなったきっかけは、私が求める目の描き方がなされたイラストを発見したことにあり、しかもそれが10月21日に描いた上画像・左上の絵と同じ構図であったため、絵の参考にしようと思ったことだ。
かくしてその絵から学び、模写に類する描き方でこの下書きを完成するに至った。
その絵のキャラの髪型は髪色や前髪の形がこの絵と大きく異なっていたけど。

髪の塗りも参考になるのがあったらいいな~というのが昨今の悩みだったり。
トップの絵を見返して頂きたいが、頭頂部一帯の光沢や、奥側に見える髪に影をつけるなど、随分と以前からできていることを今でも繰り返すだけに終始している。
もっと果敢に試す姿勢が必要だよね。
この斜め下アングルと黒髪ロングのイラストを探しまくるのか・・・

まだ一度も触れてない服装についてだけど、服の塗りはまずシャツの場合、襟のあたりに顔の影をつけたが、それ以上の塗りはしていない。
ネクタイは、私の持ってる実物着用写真を元に塗った。
中心が輝き、左右が暗くなるように描いてみたが、これでいいのやら・・・
色彩としては、ただ真っ赤ではなく、これぞ中3の時に求めて買った代物、ワインとも臙脂とも言われる仄かな上質さ、まあ同メーカー別色と価格に差はなかったけどね。
同じく中3の時に買った黒いシャツと合わせる為だよ。

髪の貴公子

中3もとい中2からの美的感覚。
そして上の画像の素材写真は右から2012年7・10月(中学卒業後)と、思えばこの頃から伸びた髪の長さと今日までに過ごした時間の長さって釣り合うのかね。
おいらの回想をする記事ではないのだけど。


画像 小さい ごまかし

12月14日、また少し苦労して髪を塗り替えてみた。
こうして、とても小さくリサイズするとしっかり描けてるように見える不思議。
粗が目立ちづらくなる効果と、小さく不鮮明だからこそ密度がしっかりあるように、間延びせず視野に納まり、各パーツが視覚的に捉えられやすくなるというあのその。。。
言い換えれば、写真のように多い色数がドット毎に絶えず微細な変化がされてるイラストだと、大きいサイズでも映えるということで、更に言えば私はペンタブ等あれば近いことは気持ちしてやれなくもないなぁと思ったり。



続いて、このオリジナルキャラクターのトップ絵以前に描いたイラストを載せてゆく。
「トップ絵以前に描いた」ということは、文字通り11月24日以前に描いたもののみだ。


怒

11月7日・・・表情の試し描き。



拘束 屈辱

続・11月7日・・・某小説シーンを脳内イメージしてこのキャラに当てはめて描いた。
本人右目を、もっと向かい左にずらした方がよかったのかね。
それと、頬の質感の再現は見本が欲しいところなので、想像に依存して描いた結果では疑問が残っていたり。
ちなみに、どんなシーン?→「体を縄できつく拘束された上で、頬をいじられる屈辱」



正面顔練習 正面 顔 練習

11月14日・・・紙のマスを利用して正面顔練習。
消した跡が酷く残ってるが、紙と消しゴムどちらが主犯だ?
それと、髪型の両端が広がりすぎだよね。もう少し縮めてあげないと・・・




今度は、このオリキャラのトップ絵以降に描いたイラストを載せてゆく。
「トップ絵"以降"」ということは、文字通り11月24日以降に描いたもののみ。


横顔 パーツ

12月6日・・・同キャラでの横顔の練習。
髪に隠れた部位(耳や首や襟など)についても描く必要があった為、透かした。
こっち系の絵におけるパーツの構造を学びたかったが、ほぼ知識もなく情報収集もしてないので、おそらくこういう位置関係だろうと感覚で表現した。



loli side front

後日21日に上一点の正面の想定で少し描いてみた絵。
多分・・・想像したものとは違うね。どうも。



催眠 はだける

12月17日・・・服がはだけたっぽいのを描きたかった。
中に着てるのは男性用の下着・・・まあ俺をモチーフに描いてるのだから当然か。
オリキャラと称しても、細かい設定は特にない上、性別さえ定まってない。
それじゃキャラというより、ただの絵の練習、その被験体なのか。
ちなみにこの絵は、当初かつての「トイレシリーズ」同様、便座上を想定してた。




以下、このオリキャラ以外をモデルにして描いた絵を載せる。


魂魄妖夢

某キャラを2014年4月3日12月28日に描いた絵同士の比較。
後者は元々、この子を描くことは想定しておらず、「久々にこういう顔つきの絵でも描こうかな」と思ったことが発端だが、顔だけでは寂しいので、4月3日の絵との顔貌類似性を見出し、このキャラクターの外見にした。
こちらも、上部の同キャラ比較画像のように、時を経て描かれればその容姿が少々大人びる?
そして、後者の絵は髪を半端に描いて終える、という不始末さ。
いやまあ、顔の練習が目的だったし、他は序でのイメージ用だからいいでしょ。。。

某キャラ・・・魂魄妖夢ちゃんはじめ、東方系は久々に描いたわけだね。
まあ私自身、版権モノ自体が滅多に描かないから、ある意味それを描かしめる東方の呪縛はすごいぜ。
2015年、なおもそのパワーに恐れ入るよ。
その、私にとり蠱惑的な何かを感ぜしむパワー、魅力が存在するのだろうね。。。



中性的

12月24日耽美抄より私の自画像。
自画像といえば、普段よくやってる萌え系か、かなりのリアル系(下一点参照)になるが、今回は少しBL系?の半リアル気味に趣向を変えて描いてみた。異流儀系。
中性的というか、優しそうな、柔和なお兄さん~みたいな・・・



中学生 自画像

12月28日、これがリアル自画像である。ただし、中2の時の自分だが。
このモデルの写真なら、過日の記事に撮影の仔細を綴ってるよ。
画像内に写してないが、当時の学校の校章もメモしてある。
当然、このブレザーの制服にも随所に校章をあしらったデザインとなってる。



elf

次回予告。多分こんな子たちが躍り出ます(トップ絵で使うという意味ではない)。
ところで、毎回トップ絵を描画ソフトでカラーに塗った絵にするか、でなくとも加工しまくった白黒のものとか、毎度のように半ば本気で仕上げたイラストにしなきゃいけないって自己制約を課してるけど、次回も同等のクオリティのトップ絵にできるのか不安だ。
次はどんな絵がカラー化することやら。
例に漏れず背景は描かないだろう。。。