上下スウェット

2014年12月4日午前3時過ぎ、風呂に入る準備を整えた後に、自販機へ赴いた。
母親から新品の耳あてを渡された俺の、これを始めて使う外出であった。
服装は上下とも部屋用のスウェット(記事トップ写真が実物)、「どうせ帰ってきたらすぐ風呂入るし別に構わないよねっ」という心持ちであったが、加えて先ほどの耳あてと手袋。

こんなわけで久々の自販機通いとなった。
実に2週間半ぶりになる。1ヶ月やらないこともあるけどね。
 
某天気サイトによると、豊橋の今日の最高気温は10度に満たない。
夜中の時間なら当然、摂氏5度くらいではなかろうか。
これから雨が降る予報だが、事実散歩で空を見上げても、星や月は見えなかった。

散歩の最中、遠くからパトカーのサイレンにも似た音が響いてきた他に、どこからともなく、もっと不気味な音が聞こえたりと、こんな真夜中に呆れるばかりであった。
俺の門出に荒々しい歓迎、との様相であった。

寒い中、手袋を外さねばならない場面が幾度とあったが、例えばスウェットのひもなどが言うことを聞かず、俺を困らせたものなので、これを直したり予防したりと煩わしかった。
それに没頭しながら歩けば、そちらに集中が向くので他への注意は散漫となり、挙句、手袋を落としたり購入品を入れるために持参したビニール袋を落としたりすることも屡。
暗がりの寒空を一人行くわけで、家を出てから家の前に着くに至る、一連の動作において歩行者や車とすれ違うことはなく寂寥さえ感じたが、逆に帰路につく俺の背後から唐突に現れた新聞配達のバイクは怖かった。


斯様に種々の難儀はあったが、無事に買い物を済ませた。
購入品は・・・色々と。
私は家計簿ではないが、買い物のメモを取る癖がある。
前回の買い物と、小遣い額から損得を計るといった手法になる。
そこで、小遣いは月に2000円なので一日許容額は約70円、前回買い物は2週間半前で今回購入額は510円なので約7日分の買い物と、大きく得をしている。
細かい数字まで含めるとややこしいので、このように平易にしている。
今月はいまだ小遣いをもらえてないが、金銭の工面は切実な問題なので急いで頂きたい。 


帰ってからというもの、普段だと手を洗う際の水が冷たくてあまり触れたくないのに、今となっては温もりすら感じられる。
普段の生活は、夜中の屋外と比べれば温室もいいところだが、その凍てつく真夜中の寒中外出帰還後であるその時こそ、寧ろ冷水に対する恐れが消えたのだ。
口内に水を含めた際もまた然り。

これが今回の修行の賜物?
「心頭滅却すれば火もまた涼し」を彷彿させる。
水以外だと、風呂に入る準備の一環で靴下を脱ぎ裸足になったのだが、やはり冷えているフローリングや風呂のタイル(我が家はタイルではないだろうけど)は普段だと靴下越しでも嫌気が差す中で、この時ともなれば割と平気だったので、却って後のことが心配になった。


そしていざ、風呂に入ってみると、温かいシャワーのお湯がかかった私の体は、霜焼けした手のような違和感を示した。
これについては予ての懸念はあったが、やはりこの辺りは免れない。
冷たさへの耐久性が上がった分、こちらには弱くなった模様。
その相反するもう一方の性質が、このシャワーで顕著に感じられたのであった。






今後の活動の展望だけど、昨今のアクセス数漸減を顧みれば、今一つ気乗りしない。
とりわけ、今月のアクセス数は1~3日軒並みUU100を下る惨状なのだ。
今年に入ってからUUが100を下回りそうな窮地でも乗り越えてきたのに、10月14・31日と11月27日はUUを100を下回ったわけだが、それが今月は出だしからコケてずっと倒れたまま。

俺が平常の活動=信頼、生存保障を続けているのに、アクセス数というものは平常の伸びを見せてくれない上に、今年の半ばからは寧ろ芳しくなくなってきつつもある。
俺の一定ペース維持という美徳に反して、この捻くれ者は答えちゃくれないのさ。
前の記事から年明けまでの約1ヶ月間、ブログ更新を休もうか、とまで思い詰めたもの。

それでも俺はやり遂げねばならない。
例えどんな壁にも罠にも窮して、憤ろうとも挫けようとも。
故に今尚こうしてキーボードを打つのだ。
弛まぬその精神。生活の記録を取り続けることを放棄してはならない。


というわけで、前回記事以降のメモ帳の更新一覧
11月30日「慇懃な敬語をエロ方面に用いる試み
12月3日「日本陸軍第15師団の再開発 ~愛知大学・高師緑地~

・・・このメモ帳宣伝枠って毎回とる必要はないよね。