アクセス数 数字 概念

現在の私の活動は「研鑽=勉強・創作」と生活の記録というスタンスだ。
勉強とは、過去にも書いたとおり高度日本語と諸外国語である。
創作とは、絵の練習や音楽の制作である。
それらを動画やブログ記事など形あるものとして投稿し、記録行為を図る。

私は日々何かをする中に、その行動の証明になる実物があることを願う。
それが、その日の行動の記録になったり、過ごした時間の有意義さを己に実感させる材料にも、他に対する説得力にもなる。
だが、他人が実際に見てくれないと意味を成さない。
ここに、芳しからぬアクセス数という昨今の悩みを俎上に載せる。
私が記録行為の継続をしていても、読者たちの興味は継続しないらしい。

本家ブログのアクセス推移の概況は統計データ開示してるので参照されたし。
http://masashi.doorblog.jp/archives/22474432.html
今月12月のアクセス数は暫定的な現時点においても前月11月を下ることは自明。
12月18日は厳しい寒波の関係で、豊橋市民が雪降らないか雪降らないかとそわそわしてるので、今年2月の雪記事に「豊橋 雪」あたりで豊橋市民がアクセスしてくれている。
12月17日は九州の平野部でも雪が降ったり、今年2月の度重なった大雪報道の裏で豊橋は滋賀の山から雪をトラックで輸送した報道もあったし。
豊橋の話題の記事は度々作ってるが、降らない雪とか地震とか、その時勢でいくらでも降れ幅が乱れるのだろうけどね、って言うくらいこのブログは普段のアクセスは多くない。
故に一過性の事象でこのブログへも波及効果あれど、恒常的増加たりえない。


メモ帳の話にも入るが、最新の12月14日投稿の記事、4日間でアクセス数はたったの4。
4日間も常にトップに配置されてるからもっと増えていいはずだ。
本家前回記事では末尾に10日、11日、14日それぞれの記事へのリンクをつけて閲覧を呼びかけたが、11日付けの記事はアクセス数がそれから8ほど増加、10日付けの記事も10ほど増加したのに、同じ時間でなぜか最新の記事だけたったの4きりである。
先述の通り、更新してない4日間は常にトップに配置された相乗効果で、埋もれた過去記事より増加が望めるのに4しか伸びないのは、もはやアクセス数という数字は気に掛けても仕方が無い空虚で泡沫のごときものか、実態を事実に遠い反映の仕方をしてる粗末な虚像のどちらかだ。
とりわけ、メモ帳の運営サービス"Blogger"のカウンターはね。


ブログはもちろん、好意でやってる動画投稿も再生回数が不振だ。
こちらは12月17日の夜に投稿した動画だ。
再生回数が増えない要因(サブアカウント投稿+変な動画タイトル)があるとはいえ、再生回数が増える要因(サムネ)もあるのに24時間で7回きりだ。
再生回数なんてアクセス者の実態が掴めないから参考にしたくもないけど。
それでも数字が高いに越した事は無い。
こちらとしてもそれなりの伸びを見込んで投稿したのだから、相応の変化くらいね。
折角、横野動画アカウント3つがいずれも2~3週間以上投稿しておらず、好ましくない状況なので久々に投稿してあげようと良心から思って実行したのに。


ブログや動画の最新の投稿などから、一々に現状を示した。
そしてアクセス数という数字は「気に掛けても仕方が無い空虚で泡沫のごときものか、実態を事実に遠い反映の仕方をしてる粗末な虚像のどちらかだ。」と散々自分で唱え続けていることを改めて書いておくなど、示した現状に関する考察などを一々に綴った。
これからもアクセス数漸減という事態は留まらないのか。
もちろん、それを打開するために悪事に手を染めるなどの邪道暴挙は忌避する。
数字を稼ぐことではなく、純粋に多くの人に見てもらったり、知識を共有したりすることが本意であるのに、わざわざ数字だけ誤魔化す手段に時間を費やすのは何の意味もない。

というわけで、只管に本来の目的「研鑽と生活の記録」をマイペース且つ放置なしで継続。
「研鑽と生活の記録」こそが私の活動の本分であり、閲覧者を求めるのは副次的である。
かねがね申しているが、私は真面目に記録を継続しているのだから、もう少しは・・・


活動の本分はマイペースながらも為せてると自負してるが、アクセス数の存在に囚われ、冷酷にも私の心がこもったコンテンツは相応に見られず新投稿の度に流される。
検索からのアクセスも望めなくなってるのは、このブログのアクセス解析で如実に。
Bloggerの解析はお粗末だけど、Livedoorは「生ログ」というアクセスログ付きだから信頼性が高い。
なのでAnalyticsとかWebmasterまで手を出さねばならない。
そう思ったけど、最近はそれらGoogle公式の解析ツールは確認してなかった。
この文章を書いてから、そんなことを思い出すことになる。
結局Google公式の解析ツールだってLivedoorの生ログに類する機能はない。
Googleは訪問者のIPやUAなどをセキュリティとして秘匿したいのだろうか。





今回のメモ帳更新
12月20日「豊橋市の降雪記録、地理的特質・・・地震についても

12月14日から珍しく6日開いてしまい、この事態で呑気にしていられないので更新しておいた。
とはいえど、メモ帳については、過去に1週間更新しなかったことがある。
負の記録を塗り替えることは避けたいところだった為、急ぎで間に合わせた。