2015080323320001

この記事の最初の下書きが8月18日8時15分なので、タイトルが付けられた8月18日を基準に見てもらいたい。
「もとい今月・先月」の箇所は今月=8月、先月=7月ということになるが、多極分散は9月であっても同様だ。
それを嘆いた題の割に、9月になってなお加速したくらいでもある。
最初の案では、8月17日の日記メモを部分引用して展開する予定であった。

思えば、この9月というものは、私の見ている人々の活動量が頗る鈍っているようであり、ある文人は本来週1~3本メインの投稿をするのに8月27日からせず、ある創作家もブログは週2~5で頻繁に更新していたが、9月6日のまとまった記事以降は出し惜しみしている。
だからといって、私も彼らのように怠ける・・・と言わずとも、本家ブログを蔑ろにしていいとは言わないのだが、やはり緩慢でいる面は否めない。
でもまあ、時期のズレた夏季休暇だと思って、あるいは計画的にブログの更新を間延びにしてみよう、といった複雑な思索の元に、こういう結果がある。

もし私の活動見る人あって、YouTubeメインと本家ブログのみしか知らざる場合、身の安否を憂えることはあらんが、実には日記メモ等で来る日も書いて明かし暮らす(一部表現だけクラシカルな文章、分かりづらい)。
日記メモなどにおける莫大な情報量をただ残すだけでは、利用価値に欠けてしまうため、記述を集めて別途まとめる記事の案がある。
そこで、「類聚」カテゴリ第一弾(篇)となる記事を8月24日に作成した。
日記メモ投稿の継続に加え、次の類聚記事の編纂のための情報収集に奔走している。
様々な分野の私見であるとか、近年の実体験であるとかは日記メモの中に断片が包含されているから、それだけ抜き取って集合し整列することは大いに価値が創出される。
既存の情報の、単なる焼き直しや再利用という悪い見方もある。



ところで、時勢ネタとなるが、今月に入って全国でまた(今年5月なら震度5弱以上が頻発し爆発的噴火も)立て続けで物々しい災害が発生している。
台風18号が温帯低気圧になってからも続く大雨などによって栃木で小・中規模の土砂災害、茨城南部と宮城北部では相次いで増水による堤防の決壊で、3.11や8月のラソン市を想起させる衝撃的な河川氾濫が起こった。
東・北関東と東北地方太平洋側は大きめの地震で強く揺れやすいが、地震と関係なしにこういった被害が各地で見られたことは憐れむ気持ちも出る。
土砂災害などは去年だと8月の広島市が有名だが、土砂災害は丘陵地ほか全国で普遍的な問題でもある。
台風18号の当地のリポートは9月9日の日記メモなどにあり、また、9月12日に東京湾を震源として都の調布市で最大震度5弱を観測した地震は当地に関係ないが、発生の30分以上前にたまたま目覚めたことが同日メモに書かれている。

更に、9月14日にも熊本県の阿蘇山が中規模の噴火で、幸い犠牲者は出なかったが、近頃の火山活動の活発化を、全国へと雄弁に示しただろう。
西日本も沖縄以外は大体稀に大きい地震があるが、ことに火山活動は東日本の比でなく、鹿児島県の口永良部島のような島民の生活が奪われた地域もあるほか、同県内には有名な桜島もある。
東日本であっても御嶽山は長野・岐阜県境、箱根山も関東の南西辺境であり、東海道で言えば関東・相模国への入り口のようなもので、(富士山含め)関東以西ばかりだ。

これらは、私に対して実質的な害は無いし、どこかで災害があって私が被災するということも恐らくは当分無い。
そして、当地・豊橋ひいては愛知にとっても、あまり関係ない話ではある。
事実、南海トラフでの大地震が懸念されるとも、小・中規模の地震さえ滅多に無いから、実感が薄い。
逆に、突然震度4の地震があった2013年8月3日は、埼玉時代に3.11震度5強の揺れと強い余震を経験しても、過去記事の通り手がしばらく震えるほどであった。
各種災害の高みの見物なら、北陸や山陰など新潟以西の日本海側のみに限ろう。
豊橋の災害面での見解はメモ帳2014年11月23日の記事がある程度詳しい。



8月29日のメモ帳記事投稿に合わせて、「2015年の食生活・体重」記事に追記と、目次の項目を設定した。
付け焼刃ではあるけれど、しっかりと拵えておいた。
htmlなど学んでいる人は、達者も拙者も一見されるとよい。
本家2014年11月21日投稿記事にも同様に付けるかは、思案中だ。

※ちなみに、日記は9月中に更新した文人さんの8月27日投稿、件の日よりブログ以外の活動も確認されなくなった創作家さんの件の日投稿。某サイト・創作関係者同士の交流が疎遠で、俄かに出た新規参入者(同時に引退宣言者も)のDL数だけ無為に増えて、誰も助言などしていない。ほか、興味本位で見ているサイトも日1~3回の更新がUTC8月25日~9月6日の放置と、同日~今日まで放置記録を更新中。

当本家ブログにおいては、2013年から絵の練習記事を投稿してきており、月1度ほどの時期もあったが、2015年2月の記事以降は半年以上も投稿していないので、今月か来月には長い集計期間ながら何か投稿したい。
こうした方針がスムーズに実現されるとよい・・・のだろうか。