kagaku in Japanese

最新の「学術的メモ帳」記事の概要 (abstract, overview)〇

言語(ことば)における科学性について考えよう。
それも多岐にわたるが、まずは「科学」という語彙自体を考察すべきである。
「科学(サイエンス science)」と「化学(ケミストリー chemistry)」は「カガク kagaku」として現代日本語の発音で共通する。
「科学」と「化学」を同音で把握する日本人が日本人に対して、科学が化学であるようなバイアスをかけ、ステレオタイプとして科学者の外見が「白衣(オプションでメガネなど)」であるように定着させてきたろう。
これは言語音声に関する主観的認知とそのバイアスについて、認知言語学に関した一見解になる。

音韻論 (phonology) によれば、「科学」と「化学」とは、共に現代日本語の一般的な漢字発音で同音異義語 (homophones) となる。
これが歴史的にもそうであるか、他の言語でもそうであるか、検証してみたい。
以下に、両単語の字音仮名遣い(歴史的仮名遣い)と拼音(ピンイン Pinyin)とを示し、対応する音素 (phoneme) も表記する。

(科學) カガク・かがく」 /kagaku/
字音仮名遣いで「くわがく(くゎがく)」 /kwagaku/
拼音"kēxué (クーシェーまたはクーシュエー /kʰɤ ɕɥ̯œ/ トーンは第一声・第二声)"

(化學) カガク・かがく」 /kagaku/
字音仮名遣いで「くわがく(くゎがく)」 /kwagaku/
拼音で"huàxué (ファーシェーまたはフヮーシュエー /xu̯ä ɕɥ̯œ/ トーンは第四声・第二声)"

このように、両単語が、日本語では現代発音でも字音仮名遣いによる古典発音でも、同じ音素を有している=同音異義語である。
しかし、両単語が、中国語ではそうならずに区別可能である。
「科学」も「化学」も、明治時代から学術・日常の範囲で日本語に取り込まれた語彙であろう (cf. 宇田川榕菴の著作 c. 1837- による「化学 chemistry」に相当する西洋の語句の音写 オランダ語 chemie 現代発音: /xemi/ 舎密 唐音: せいみ 参考までに拼音: shèmì シェーミー第四声・第四声, 明治時代の官庁「舎密局」にあり)。
現代日本語では、両単語の同音である状態を鑑みて、「カガク・ばけガク(かがく・ばけがく)」と読むことが暫定的に求めらる。
もしくは、明治~戦前期に「化学」の音読みが、「化」の呉音で「け(as in 化粧 けしょう keshō, 化身 けしん keshin)」の「けがく kegaku(字音仮名遣い: くゑがく kwegaku)」と作られていたらば、現代語で同音異義語とならず、その紛らわしさも無かったろう。
なおかつ「化学 ケガク (クヱガク)」であれば、「化 ケ ke」が英語名称ケミストリーの当て字 (ateji, phono-semantic matching) ともなりえて…(後略)

〇概要は以上〇


冒頭に示された「言語(ことば)における科学性」のためには、現代日本語の語彙としての「科学」と「化学」とを音韻論 (phonology) 総じて音声学 (phonetics) によって分析する以外に、語源学 (etymology) によって分析する方法も考えられる。
冒頭のリンク先の記事で語用論 (pragmatics) や意味論 (semantics) に関する見解も記された。
漢字の熟語が形態素 (morpheme) から成る複合語 (compound) であると分析すれば、形態論 (morphology) の方法であり、化学(ばけがく・ケミストリー)に似る面もある。
語彙 (vocabulary, 語彙論 lexicology, 単語 a word) に限っても多角的に科学的な分析や考察が可能であるが、言語には文法 (grammar) や社会的機能などもあり、先の記事の話題の外で色々と「言語における科学性」を示し得る。
数学のような形式科学としての側面と、実際の用法・機能についての認知科学としての側面などである。

記事の本題に入ろう。
表題に「一語一慧 (いちごいちえ)」とある。
学術的メモ帳における2017年9月21日投稿記事『梵語と漢語 度・量・推・測・計 「物をはかる"mita (ミタ)"」と「心をはかる"pramāṇa (プラマーナ)"」』の末尾に表題の話がある。

起草日の数日以内に「一語一慧(いちごいちえ)」なる集中記事投稿プラン(短くて1か月間、長くて1年間)を構想したこともあるが、当記事のようなボリュームで本家ブログに毎日投稿することは考えづらい。

「一語一慧 (いちごいちえ)」とは、お察しの通り「一期一会 (いちごいちえ)」の同音異義語 (the homophone word in Japanese) かつ掛け合わせである。
身を粉にするつもりであれば、毎日、錬金術のように日常的な語彙から言語・語彙論の学術的な話題を提供できる。
しかし、私は言語学の専門家でなく専門家を目指さず、学問・芸術を広く行う一人の探究者であるから、自身の目的に資する量 (quantity, i.e. weight) を得るために、毎日投稿の一語一慧に時間を割くことと、広い学問芸術の行動とを天秤にかけ、広い学問芸術の行動の方に重さ (weight, i.e. importance) を得た。
2017年当時、毎日投稿の一語一慧の企画を開始しない処置とし、現在に続く。



現状、当ブログ活動においては、新しい絵の練習記事を編集中である。
動画投稿活動においても、2・3の計画を着実に進めている。
その布石を打つことが、トップ画像にある「現代日本語の語彙『カガク kagaku』」の話題と、その関連調査であった。
「どんな科学(人文科学・社会科学・自然科学)」であっても、その方向性が多様であるとか一つであるとかの説明ができる。
私個人で可能な科学関連の歴史・語彙・思想・哲学・社会・教育の説明を、広く・多く行ってある。
科学の科学たる所以に関して、多くの事例=建設的とされる科学史から疑似科学とされるものまで種々の事例を含めた説明から何か発想が得られることを期している。






最近のメモ帳更新一覧
3月02日 https://lesbophilia.blogspot.com/2019/03/plus-feb-2019.html
3月05日 https://lesbophilia.blogspot.com/2019/03/english-apposition-word-order.html
4月01日 https://lesbophilia.blogspot.com/2019/04/plus-mar-2019.html
4月06日 https://lesbophilia.blogspot.com/2019/04/symphonedy-vowel-pitch.html
5月12日 https://lesbophilia.blogspot.com/2019/05/plus-apr-2019.html
5月16日 https://lesbophilia.blogspot.com/2019/05/glossaria-scientia.html

最新投稿動画
3月31日 https://www.youtube.com/watch?v=2_eGNeSt2fA
4月06日 https://www.youtube.com/watch?v=2YxvYmI6yRc
5月12日 https://www.youtube.com/watch?v=GoqiksDB4zA

最新音楽動画
4月17日 https://www.youtube.com/watch?v=tf6mzdIlU8U

なお、4月15日に、現時点での最後の絵の練習記事のための必要な更新を完了した。
具体的には、2019年4月中に9枚の画像をアップロードしてそこに掲載した。

背景 人物 風景 シーン
上掲の画像は、2018年4月20日に紙に描かれた絵を2019年3月31日投稿動画のために、当日に急いで人物の色塗りをして背景イラストに合成した結果である。
実際にその動画での静止画素材に用いられている。