横野真史公式ブログ

中卒ニート引きこもり、横野真史の公式ブログ - Sep. 2012 と、丁寧に書いているので、このmeta descriptionが検索結果に表示されるはず。私の名を検索する数万・数億のあなたは、私の文を読んで私の心に通じたろうか。

横野真史公式ブログ

諸学・諸教の妙宝聚「觀萌私記」を披きましょう。
16年11月以降の当ブログ記事では随時に本作の注釈も行っています。他ブログでの例は1, 2, 3

家の人・遠くの人

私の家族は人脈が狭いし友達もできない

1

私が幼い頃は、それこそ友達100人も半ば冗談でない感じに友達を作ってよく遊んだりはしていたが、小4の転校からは友達はできづらくなり、中学に上がれば明るい話題をする人間や放課後遊ぶような人間は消えた。
両親の少年時代を物証を以って知るのは困難だが、父親はそれなりに普通だっただろうと、前の家で見た卒業文集などから推量する。
母親は幼い頃、実母(祖母)に虐待されていたと虚言か大袈裟な形容かはわからないが、私に自白し(その癖アンタも俺の幼少期に俺や弟を毎日ボコボコ叩いてたじゃん)、友達もいなくていじめられていた、などこれまた虚言か大袈裟な形容か存じ上げない告白をした。

今だって母親(愛知)は仕事していた今年6月までは仲良しの同僚もなく、メールを覗くと極稀に同僚と食事する約束のメールが見られたのみで、所詮仕事の利害関係。
父親(埼玉)は職場から遠い都市に住んで、トランペットの趣味を共有する友人もいなければ、会社の同僚と休暇を過ごすなんて土地柄、以ての外である。
どちらも、近所の仲良しなども存在しないようである。



『私の家族は人脈が狭いし友達もできない』の続きを読む
下の広告は2015年5月1日をもって消えました。

横野真史の部屋の内装の変遷 (2011~2014)

大地震 震災 部屋

部屋の状況を視覚的に明示する一般的手段としては写真である。
携帯カメラにて収めた様子は2011年3月11日から始まる。

これは上記の撮影日時から諸君の推測の通り、東日本大震災を告げた東北地方太平洋沖地震発生直後の自室である。
15時10分撮影だが、見ての通り教科書・ノート類はイスや机上に床など散乱し、他には溜め込んだ硬貨も散らばった。


※この記事は学術的メモ帳8月13日投稿の転載・修正です
http://lesbophilia.blogspot.jp/2014/08/blog-post_13.html 

『横野真史の部屋の内装の変遷 (2011~2014)』の続きを読む

母は認知症祖母の介護の為に依願退職した。

介護 退職 失業
今日の動画https://www.youtube.com/watch?v=M2stBn5pcF8

薄々危惧していたことは、違う形で現実となった。
その危惧は、失業という受動的なものとしていたが、実際は依願退職。
私が7月5日に学術的メモ帳(http://lesbophilia.blogspot.com/2014/07/blog-post_5.html)で不安を綴る前から既に仕事を辞めていたようだ。
祖母を風呂に入れ病院へ連れてやったりなどのために介護を優先していて、このままじゃクビだろうという懸念も、俺の知らぬ内に既に起きていたとはね。
退職した日と考えられるのが7月2日~4日
4日付けのメールで母の妹2人に辞職の旨を告げていたからこの数日間と断定できる。

あんな老人が不幸を媒介して内より家庭を蝕み、崩壊へ至らしめようとするのも、もはや悪魔がその身に入って我が家に仕向けられたも同然であろう。
老人自体も異常なほどに心身高速で老いていく様を見ると、己の身でも制御できぬほどの強烈な種であると思う。

『母は認知症祖母の介護の為に依願退職した。』の続きを読む

認知症の祖母対策で1階のドア一部に鍵を取り付けることに

鍵 kanji


不潔で死にかけの顔したばあさんが2階から下りてくる度、母には不快なようですぐ引き返すよう呼びかけることが多い。
細かいことはこちらの動画の説明文に長々と書いてあるのでよく目を通しておくこと→http://www.youtube.com/watch?v=UiOwcNmHzc0
母が家にいる時間が長い日は特にそのやり取りが聞かれる。
母いわく、パンツにウン○がびっしり(苦しみを分けてやるよ)らしい、部屋でラーメン食ってる俺に躊躇いもなく話してきたため麺が喉を通らない、激マズ。
加えて、そんな状態の人が椅子に座るだとかするととてつもなく不衛生なわけで、確かにこれには頷けるし、その他あちこち触られるとたまったもんじゃないわけだ。
それに付け加えて不衛生極まりない状態の人間ということで1階へ下りられるのがイヤであり、何度も降りてくるな、台所に入るな(色々理由はある)と母は忠告し張り紙も書いているが、従う気がないため、物理的強引な手段で解決しようというわけだ。

『認知症の祖母対策で1階のドア一部に鍵を取り付けることに』の続きを読む

知的障害児の弟も不登校となってしまうのか?

111

数日前に、弟の登校拒否や学校で何が起きたかの解説と、証拠提示や私的見解を話した動画をアップロードした。
https://www.youtube.com/watch?v=QuUhj7DBBbQ 
https://www.youtube.com/watch?v=kOlpBoETEYo
https://www.youtube.com/watch?v=YDiQ78rDNPY

元来、池沼の弟に不登校となった経緯は存在しないが、私や失踪中の弟と同じく悪い傾向で、不登校と化す寸前の状態なのかも知れない。
池沼の弟こそは真面目に通学を続けてもらいたいと願う兄の私であるが、残念ながら近い内に不登校となる恐れが高いと思わざるを得ない。
そもそも弟が真面目に中学校通い続けてくれるか半ば信じがたいところであったが、弟本人もわざわざ長い通学路を歩き続けて嫌な場所へ行くことに価値もあまり感じないだろう、勉強しなきゃいけない意味は理解できていても、面倒なことって認識の方が強そう。

『知的障害児の弟も不登校となってしまうのか?』の続きを読む

知的障害児の弟が認知症の祖母に軽い虐待?

虐待
↑この画像使うのは削除済み記事含めて三度目
今回の動画https://www.youtube.com/watch?v=l1TWtM_X-00


以前も書いたように、3月から我が家は土浦(本当は牛久)から祖母を迎えている。
今は住まわせてから時間も経ってきたため、弟はばあさんになれてきてるに違いないが、その弊害もあって、4月上旬から弟祖母間の遣り取りに「痛い」という声が混じる頻度が増えた。
ヒキだからその光景を直接見たわけではないが、俺の住む部屋からでも声が聞こえるほど。

4月12日午前10時頃、特に酷い様子を聞いたのでこっそり録音した。
録音開始時は少々遅く、遣り取りの最後の方で、録音できなかった時はもっと激しかった。
とりあえず上に貼った動画で、諸君も概ね把握できるだろう。
この日は昼未明、何の前触れもなくばあさんが一人で外に出て、夕方母親が警察に連絡、夜ばあさんを保護してる警察署に迎えにいったという出来事があった。
これはいくら認知症でも過去になかったこと。弟が原因かは知らないけど。
ちなみに4月14日17時8分にも同様に録音したものが上の動画


『知的障害児の弟が認知症の祖母に軽い虐待?』の続きを読む

痴呆老人の介護・世話?とんでもない!高齢者福祉

12


2014年3月22日、我が家に土浦のおばあさんと母親の妹2人がやってきた。
最初は「1・2日ほど泊まって帰らせるのだろう」程度の考えの俺だった。
しかし、23日の夕方に母親の妹が帰っていったのに対して、24日夜になってもおばあさんを帰らせない、薄々嫌な予感がしつつも、「いつまで滞在させる気か」問うた!
メールで聞いたが返答ナシ、25日早朝親の携帯を見たら既読だった。
ということは読んでいてスルーしたようで、改めてメールで聞いた。
以下に一部始終の全やり取りを公開しよう!

『痴呆老人の介護・世話?とんでもない!高齢者福祉』の続きを読む

無職の俺から母親への訴えのメール全文。

餓死


以前にも書いた小遣い制裁に加え、母親は2月4日、洗濯しない、食料与えないなどの制裁も発表した。
原因は母親が池沼の弟と喧嘩した蟠りが俺に飛び火し、途端に口論になったから。
母弟の喧嘩に無関係でも、こういう人間は部外者にも絡んでくる。

痴呆おばさんだからね。俺も色々長い喧嘩をした。
大声をずっと張り続けた。喉や心臓に悪いよ。虚弱体質なのに。
結果、親に宛て以下の内容の訴えを送った。

『無職の俺から母親への訴えのメール全文。』の続きを読む

引きこもりを加速させる親!外に出る目的の喪失!

よこせ
本日の動画→http://www.youtube.com/watch?v=nJyL6dNcZEE


昨今の日本経済で大きな話題、それは何といっても消費税率アップ、消費増税だろう。
私はそれをも恐るるに足らず、大きな危惧を感じている事態が条件付き小遣い給付

親の経済制裁の本格化が始まる。
親に毎月の小遣いとして4000円(数ヶ月前までは5000円)を求めているが、"顔を会わせて「お小遣いください」と頼まないならお金は出さない"という悪辣な条件をついに設けた!
撤廃を切に懇願しているが、聞く耳は持たないだろう。
今月1日は半額である2000円のみ私に与えた。悪夢の前兆だ。
時間が経ってコロっと考えが変わるか、忘れるかしてくれれば何よりだが、今度ばかりはそうもいかないだろうし、やはり相手の条件を飲むしか術がないと判断できる。

ここで親と会ったら、正直ヒキとして負けてると思う。
ヒキ精神を貫き通すまで。
この期に及んで面前にて金を乞わねばならぬとは、私の意に反している。

『引きこもりを加速させる親!外に出る目的の喪失!』の続きを読む

薬局店長の薬剤師から社長へ ~ 癌患者の起業

起業 イラスト


今の私(16歳)の安定したニート生活は、長くは続かないと思っていたし、昔の話だと中2のときは「中学生のうちに俺は死ぬ」とまで思い込んでいたほど。
私が小5のとき母親は、癌であることを言っていたが、今でも続いているようだ。
医療に携わる職に就いてる立場ゆえ、定期的に検診をしてその中で癌を早期に見つけたことを当時聞いたが、もう治っていると思っていたのに最近になって突然また言い始めた。
というのも、2013年11月12日、親が私に弁当を買って話しかけてきて会話になったが、途中で「2週間ほど前から仕事に行ってないのは何故?」と問うたことに起因する。

これに対する親の返しは、先述の「癌治療、仕事ができる体ではない」ということ、薬剤師の仕事は今の親にはできないらしいが、日常生活それと庭いじりはできているのに薬剤師の仕事はできないって、薬剤師がどんな仕事なのかちっともわからない。
長年の力量を生かし店長を継続していたのに、病を苦に辞職なんて・・・
その会話時に聞いた話、これからどうする、仕事をやめ何をするのか聞いたら、「運送業、全軽連って調べて」と言われた。
運転肉体労働はできるのね、そして、知的障害の弟が豊川養護学校に受からない場合は仕事の手伝いをしてもらうらしい。続き↓


『薬局店長の薬剤師から社長へ ~ 癌患者の起業』の続きを読む
記事検索
自己紹介
横野真史

横野真史 (アイコンの変遷)
人生5度目の不登校を経て2012年4月に中学卒業後、無職となった。
横野真史、これは本名ではなく命名由来も適当で普通すぎるネーミングか?
非営利の音楽制作(2011-)と絵の練習(2013/09-)をし、仏教・言語(日中印欧の諸古典語)を中心とした研鑽(2014-, 人文科学として2018-)をしている。
興味がございましたらば、是非、当ブログと学術的メモ帳両方とも御観覧(御足労)をお願い申し上げます☆

このブログについて

動画製作や音楽制作、自分の日常生活を綴ったブログです。
たまに世間の出来事にも口出しをしています。

YouTube!!
カウンター
free counters

このカウンターのカウント方法は、一ホスト・IPにつき一回まで。
同じIPで何回アクセスしても何日アクセスしても、一回カウントされれば増えません。
ようするに全期間のUU(ユニークユーザー)をカウントしているのです。
設置は2012年10月。

PVカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

UUカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめ記事 (2014まで)
見てね♪












デザイン崩れちゃう