横野真史公式ブログ

中卒ニート引きこもり、横野真史の公式ブログ - Sep. 2012 と、丁寧に書いているので、このmeta descriptionが検索結果に表示されるはず。私の名を検索する数万・数億のあなたは、私の文を読んで私の心に通じたろうか。

横野真史公式ブログ

諸学・諸教の妙宝聚「觀萌私記」を披きましょう。
16年11月以降の当ブログ記事では随時に本作の注釈も行っています。他ブログでの例は1, 2, 3

社会

文明的な意味での「自由」や「不自由」を芸術・美術で表現する方法

自由 絵

自由主義・リベラリズム"liberalism"とリベラルアーツ"liberal arts"について、ニート・ひきこもりのための美学が、「科学・文学・音楽・美術 個人主義や自由主義のためのリベラルアーツと芸術運動」という記事 (メモ帳2019-07-15) に説かれている。
https://lesbophilia.blogspot.com/2019/07/arts-neet-hikikomori.html

私がそうであるように…、改めて、ひきこもり(引きこもり・引き籠り)・ニートの人々はインターネット利用可能の限り、家で静かに学問や芸術をすべきであることを付言する。

(中略)
学問や芸術を行うこと、その目的を何にするか?
これはまた、各々の人生経験・人生観・死生観・価値観から決めればよいと思うし、まだであるならば好奇心の向く範囲内での努力の結果に自ずと見出せるとよい。
苦しみの心を自覚するならば、その解放を目的とすべきである。
つまり"id est"、自由主義・リベラリズム"liberalism"の原義であるラテン語"libero, liberare"を志向した手段とすべきである(辞書的な語源はフランス語libéralisme<libéral<ラテン語liberalis<liber<印欧祖語の語根*h₁lewdʰ- "people, to grow"となるので私の思想的な語源になりそう)。
リベラルアーツ"liberal arts"とリベラリズムは直接関係しなかろうが、個人の意思や精神の表現の「手段と目的」という関係性そのものに通じる。
リベラルアーツとは、古典的な定義で3つの技能"trivium: grammar, logic and rhetoric(文法・論理・修辞)" + 4つの技能"quadrivium: geometry, astronomy, arithmetic and music(幾何学・天文学・算数・音楽)" = 7つの技能 (skills, arts; artの語源はラテン語ars) を意味しており…(後略)

当記事では、学問・芸術のうちで、美術(視覚芸術)の行為が主題になる。
望まれるものは、革命とか社会の是正とかよりも、身近な運動である。
結果的に他者が救われたり幸せになることがあろうとも究極的に自己に帰するのみ。
「革命や憎悪による運動を望むよりも自分の頭の方の革命をして、精神を解放してみよう"You say you'll change the constitution. Well, you know, We all want to change your head. You tell me it's the instituion. Well, you know, You better free your mind instead"」と語る人が、おりまして。
某サイトの過去作曲者「らい〇ちゃん」の"Restructuring"という曲の猟奇的なシナリオは、そう説くビートルズ (The Beatles) の"Revolution"が元ネタなんだって最近になって知った。
これは水を差すような話であるが、以下からもその種の話が続く。
その後に、私の絵や音楽作品から、表題に合うものを当記事で掲載してゆこう。

『文明的な意味での「自由」や「不自由」を芸術・美術で表現する方法』の続きを読む
下の広告は2015年5月1日をもって消えました。

引きこもり生活に関する医学的な報告 ~ 栄養学・病理学・精神医学・薬学など

引きこもり ひきこもり 引き籠り 長髪

「医学」の名の下に複数の分野が見られるので、日常生活に関わりの深いものを軸にしてまとめる。
① 栄養学・・・どのような特徴のある食事をどの程度に摂取するか
② 病理学・・・どのような疾患がどう自覚されるか
③ 精神医学・・・食事や自覚症状に対してどう憂慮を起こすか・克服できるか
④ 薬学・・・各分野の見地で分析された状況を鑑みてどのような薬をどの程度に服すべきか

以上の①~④は数字の順序によって当事者=引きこもり(ひきこもり・引き籠り)が自ら分析する(もしくは学者とか慈善団体とか行政とかの人が当事者と接点を持つ場合、当事者に対して分析する)。
今回は、筆者・横野真史(22)が自ら分析しよう。
その前に、引きこもりである私(22)は医療機関にほとんど罹らないことについて述べよう。
この生活において、2012年7月の火傷(やけど・ヤケド)の時現住の愛知県豊橋市に位置する市民病院に罹って初診と1度の通院を行ったのみである。
自発的に医療機関へ通うことは不可能に近い状況であるという点について留意して以下の内容を読むと、現代日本社会における引きこもりの特徴が浮き彫りになると思う。

『引きこもり生活に関する医学的な報告 ~ 栄養学・病理学・精神医学・薬学など』の続きを読む

動画「引きこもりによる芸術・宗教活動と人権・人道」

Pratyeka-kāvya
https://www.youtube.com/watch?v=-tqtBMfZpGg

本日に「引きこもりによる芸術・宗教活動と人権・人道」という題の動画を投稿した。
当記事は、その説明文を補足して掲載する。
以下からの敬語を使った文章が始まって終わるまでの範囲は、それに該当する。

『動画「引きこもりによる芸術・宗教活動と人権・人道」』の続きを読む

道心あるニート・引きこもりの修行における障壁

閑居求道者 隠棲覚者 萌尊 萌報身

「平成30年・新年記事」が無いといけないので、たまたま1月1日に起草した文章を載せる。

世間には「ニート」や「引きこもり(ひきこもり)」という概念に「クズ」等と悪い印象の属性を付属させたり、事象に「自分を省みず他人を鑑みず意志が無い」と悪い印象の原因を想定した種々の説がある。
世俗の人から一部の宗教家まで、口をそろえ、そのように説く。
漫画・アニメ・ドラマ・大衆音楽の歌詞なども、そういった思考を前提として作られたものであることが、2018年現在もおおよそ変わりなくあろう。
修行者は「所詮、世間とはそういうもので彼らの思考を変えさせる必要は無い」と了知して他者への執着や憎悪を捨て去り、速やかに修行に戻ろう。
同じく、彼ら他人たちもまた、彼らが想定する「社会悪」云々を排除できる道理が無い(当事者に憎悪の心があるうちは社会悪も消えず・世界平和も実現されず・真の幸福も無い)。

『道心あるニート・引きこもりの修行における障壁』の続きを読む

社会のしがらみ「妄執」から深奥より解脱、涅槃。

妄執

未だしがらみに囚われる同胞の虚妄なる苦しみを、我が手で解脱へと導きたい。
金銭、恋愛等の世俗の欲望・世間体の自己呵責を放せば、何の未練も迷いもなくなる。
妄執を18歳にして概ね絶てた私だが、容易い事ではない。

「一般的な生活が己にも当てはまらねばならない」意識は社会性だが、言わば自分にとり雲を掴む行為に等しいことと見切りをつけ、そして一般的な生活こそが是であるという普遍的な衆愚思考・執着も廃すれば、それらの懊悩とは何と虚妄なることか、私は実感した。
生まれて十余年の社会生活と数年の空白期間に一年の研鑽生活の多方面で辛酸を嘗める思いを忍んできた結実のため、通常の同胞諸兄では、一種の悟りに類する境地に近づけた私が言葉で説かねば、例え数十年ヒキ生活をしたところで同じ結実に至る事は有り得ない。
私のように研鑽生活で以てすれば、それら社会通念上の健常なる思考もいつしか薄れていき、研鑽の道に入るための基本的な衣服、装備が整ったも同然だろう。


『社会のしがらみ「妄執」から深奥より解脱、涅槃。』の続きを読む

夜中の自販機通いの帰りに職務質問に遭った

職質

11月2日23時台、冷たい北風が戦ぐ、または強く吹き付ける寒空の下。
この時、携帯電話は持ってきてなかったので正確な時刻は不明だが、おおよそ23:55過ぎだ。
職質に遭うまで「車さえ通らない、一人くらい他に歩いていればいいのに」と思ったことが災いしたのだろうか。
しかし、本当に他に誰かが歩いていれば、私ではなくその人が職質された可能性もある。

パトカーを見た瞬間、事無く済むことを祈った。
電柱に軽く身を潜めたときは既に遅かった。
十字路で左から顔を出して通過、と思いきや、バックしてきてこちらに曲がってきた時は絶望的だった。

『夜中の自販機通いの帰りに職務質問に遭った』の続きを読む

特別支援学校の生徒数増加は妊娠・出産の高年齢化=晩産化に比例する。国民総池沼化。

i am retard

私の両親が38歳・31歳の時に私は生まれた。
失踪中の弟は40歳・32歳の時に生まれた。
知的障害の弟は42歳・34歳の時に生まれた(いずれも年月日を正確に計算した・受精の歳は計算しない)。
年の差・高齢出産のためにハンデを背負って生まれる子供たち。

私の学生時代で健常者同級生に障害持ちの兄弟というのは滅多にいないが、これからの時代私と同じような立場の人も増えるのだろうか。
私がそう疑念を抱くのも、私の身近に理由がある。

我が豊橋に来年度より開校される特別支援学校があり、その目的は「他校の肥大化に伴う生徒数分散」であり、私の弟はその学校に進学不能だが、こうして特別支援学校が増えるということは実は豊橋・東三河地域に限った問題ではない。その理由。

『特別支援学校の生徒数増加は妊娠・出産の高年齢化=晩産化に比例する。国民総池沼化。』の続きを読む

痴呆老人の介護・世話?とんでもない!高齢者福祉

12


2014年3月22日、我が家に土浦のおばあさんと母親の妹2人がやってきた。
最初は「1・2日ほど泊まって帰らせるのだろう」程度の考えの俺だった。
しかし、23日の夕方に母親の妹が帰っていったのに対して、24日夜になってもおばあさんを帰らせない、薄々嫌な予感がしつつも、「いつまで滞在させる気か」問うた!
メールで聞いたが返答ナシ、25日早朝親の携帯を見たら既読だった。
ということは読んでいてスルーしたようで、改めてメールで聞いた。
以下に一部始終の全やり取りを公開しよう!

『痴呆老人の介護・世話?とんでもない!高齢者福祉』の続きを読む

親はニート・引きこもりに進学や就職を強いるな!

1


まずは、新年明けましておめでとうございます(礼儀が正しいね俺)
今年もアクセス稼ぎよろぴく豚さん☆

今日の話題は、母親が12月のいつからか、「がまごおり若者サポートステーション」という組織の所長に家庭訪問をさせている。
愛知県蒲郡市とは、我が豊橋市が属する東三河の西端の都市であるが、豊橋から見て隣の豊川の更に隣に位置している。
引きこもりの私は、そこの人との接触を拒んでいるため、今まで2回中2回とも面談を回避(忌避)しているのだが、いずれは会わそうとしている。

各々が持つ魅力の醸成に関してはニート期こそが好機にも関わらず、この期に及んで画一的な教育(進学や職業訓練)を強いらせるその意味を問う。
子が自由に進めたい道を塞ぎ、無個性な教育を徹底する高等学校・大学校へ進学させようとしたり、若しくは職業訓練のための施設に入れようとするなど言語道断。
私は音楽を嗜み音楽家の第一人者となる素質を持った逸材なのに、みんなと同じような社会生活を送らせること笑止千万..・・.。
ましてや私の生活体系から容易に汲み取れることは体力不足ゆえに、通勤通学には支障を来たすであろうことから、通常の就職の現実化は荒唐無稽な構想(妄想)..・・.。


『親はニート・引きこもりに進学や就職を強いるな!』の続きを読む

引きこもりの私は社会復帰して就職すべきなのか?

外 怖い


否、私はこの部屋で音楽制作など創作活動を行っている。
斯くの如く日々研鑽しているわけで、それを阻むように更生施設へ入居させ、社会生活に順応させるべく学習活動を私にさせるとどうなるか?
蓄積した楽典を喪失させ、アルバイター等の中途半端な凡人に成り下がる。

そのような身分で幸福を得られるのか?
とはいえど、今の私でさえも先は暗いのだが。
ならば死を見ようではないか。若く、美しくあるままに死を。

『引きこもりの私は社会復帰して就職すべきなのか?』の続きを読む
記事検索
自己紹介
横野真史

横野真史 (アイコンの変遷)
人生5度目の不登校を経て2012年4月に中学卒業後、無職となった。
横野真史、これは本名ではなく命名由来も適当で普通すぎるネーミングか?
非営利の音楽制作(2011-)と絵の練習(2013/09-)をし、仏教・言語(日中印欧の諸古典語)を中心とした研鑽(2014-, 人文科学として2018-)をしている。
興味がございましたらば、是非、当ブログと学術的メモ帳両方とも御観覧(御足労)をお願い申し上げます☆

このブログについて

動画製作や音楽制作、自分の日常生活を綴ったブログです。
たまに世間の出来事にも口出しをしています。

YouTube!!
カウンター
free counters

このカウンターのカウント方法は、一ホスト・IPにつき一回まで。
同じIPで何回アクセスしても何日アクセスしても、一回カウントされれば増えません。
ようするに全期間のUU(ユニークユーザー)をカウントしているのです。
設置は2012年10月。

PVカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

UUカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

おすすめ記事 (2014まで)
見てね♪












デザイン崩れちゃう